洋ランの集い

 初心者からベテランまで洋ランを楽しく学ぶ集い

洋ラン栽培の大切な基本からクール種の研究・育種など
      
■らぶりぃ 洋ランの集い■

  入会受付中!! いつでもどなたでも随時入会できます。会員会友の輪が広がり10周年!

      会報と通信教育で遠方の方も知識や情報などご自宅で学べます。

 開催日・・・2016年度 毎月一回、開催いたします。(8月を除く)

 第八十一回417日・第八十二回52829日・第八十三回619日・第八十四回710日・8月お休み
 第八十五回94日・第八十六回102日・第八十七回1113日・第八十八回124日・20171月サ 

 ンシャイン出店・第八十九回201725日・第九十回35日を予定しています。開催日変更の場合は

  ご連絡いたします。「池袋サンシャインシティ世界のらん展」20171月開催出店出展・夕食会予定。   

  2017年度予定第九十一回4月9日・第九十二回5月27、28日・第九十三回6月18日・第九十四回7月9日・8月お休み
  第九十五回9月10日・第九十六回10月15日・第九十七回11月12日・第九十八回12月3日・2018年1月未定

  第九十九回2018年2月未定・第100回3月未定。開催日変更の場合はご連絡いたします。 
    5
2728日は特別日程親睦会・総会・株交換会を行いますので是非ご予定お願いします。

 <開催時間> 午後100400日帰り参加可能 宿泊して参加の方は会員割引、個人指導、個人相談あり
 <場所> 「美食と温泉宿 らぶりぃ」にて 
 <会費> 会費等は下記に記載 他に四季会報にて集いでの内容やニュースを編集してお送りします。
 <例会参加費> お一人様 会員500円 一般500円*友人・知人・ご家族どなたでもお気軽に参加できます。

 ★集いの趣旨 
  日本全国の趣味家が会派を越えて学び合う集い
  北海道から広島まで会員は学生から初心者、ベテランまで幅広く、今年度より新たに奨学制度を設け若手の
  
育成を会員全員で行います。下記参照

   代表としては二つの目的があります。「高価で豪華で育てられない洋ラン」を「手頃で多彩で身近な洋ラン」
  として日本の風土に根付かせたい事と、枯れて当然のクール種を自らの手でシブリングして育種を重ねるこ
  
とで少しの工夫で育てられるようにしたい事です。日照時間は日本一少ない不毛地帯での栽培は大変ですが
  
小さくても魅力的なクール種の笑顔のために皆さんと楽しく有意義に学び合っています。日々進歩する学び
  
にベストな栽培はありませんが集いの会員会友と共にベターな栽培を心掛けていますのでご入会をお待ち
  ています。特異な会ですので役員はなく会員会友がそれぞれの持ち味を生かしてランへの想いを共有して

  ます。池袋サンシャインシティ世界のらん展に出展と出店しておりますのでお立ち寄り下さい。

   本業の宿らぶりぃではオーナーシェフですので温泉とお食事の後はラン談義に花を咲かせましょう。
  洋ラン愛好家の方々は個人でも団体でもいらして下さいます。

集いではどのようなことをするのでしょうか?  
●何よりも楽しくためになるをモットーに!
●栽培書ではわからない、その人の環境に合った育て方を勉強し合う。

●洋ランの多彩で多様な性格を知って学んで仲良くなる。

●温室なしでも育てられる洋ランや栽培方法について。

●クールオーキッドの栽培の研究と探求。
●月例会の集いでは必ず一人1つの成果を!

●希少種の保存とシブリング苗の育成
●四季報にて全員に月例会での皆さんのご意見、アイディア、質疑応答を編集

  しお送りします。
●随時皆様からの質問、意見、想いを募集し(無記名可)、それを集いで発表

 し勉強の場とする。
★集い参加特典 ○洋ラン栽培の本や洋ラン栽培研究資料の無料貸し出し  

 ○分け株やシブリング苗や資材の安価購入 
 ○随時入会可能  

 ○遠方の方、日程が合わなくて参加できない方でも会報で楽しめます。  

藩 世英(ばん せいえい)のプロフィール 

美食と温泉宿らぶりぃのオーナーシェフ  

全日本蘭協会会員 

各種洋ラン栽培の本を執筆

東京ドーム世界らん展2006年日本大賞受賞2007年世界蘭会議特別賞受

世界らん展2007年より8年間出店 

◇池袋サンシャインシティ世界のらん展2015年より出店、出展
◇「夢ランからの伝言ランへの想い」の執筆◇仙台市、洋ラン愛好会での講演、講師   
インターネットで「洋ランページ」「洋ラン栽培」「洋ランの世界」を公開             http://www.orchidworld.jp/  http://www.p-lovely.com/ 
★ らぶりぃ洋ランの集いに入会・参加ご希望の方は〒・住所・氏名・電話番号を

  記入し会費を同封して下記のところへお申し込み下さい。

  電話でのお問い合わせもどうぞ!(会費は当日持参も可)

989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上の原168-82 

   TEL 0224-34-3110  FAX 0224-34-3749
     
美食と温泉宿 らぶりぃ内 「らぶりぃ洋ランの集い」 代表 藩 世英

 

   らぶりぃ洋ランの集い 集い3本の柱となる活動・運営

学びと交流・・・例会・総会親睦会・夕食会・会報・個別相談

出店出展と広報・・・出店出展によりクール種の啓蒙・学生・新人の育成

育種と人材の育成・・・日本でのクール種の育種で改良、保全・若い新人を育てる

総会では名人・超人・達人そして代表迷人によるレクチャー貴重な講習を行います。

ご活用下さい疑問解決への近道になる電話相談
    代表はローテクです。メールやファックスは便利ですが電話ならやりとり即答できます。
     出来ましたら平日夜8時~10時にお気軽にお電話下さい。

ご参加下さい。毎年、学びを深めています。
    例会に参加出来なくても寄稿・投稿・電話相談で参加されると集いの楽しさを感じられるでしょう。

  会員へのご協力をお願いします。
      今までは総会株市に於いては交換会の意味合いが強かった為に初心者向きの属種が少なかった
       のですが、次回より広く学生等に無料配布するためのラン株をご寄贈願います。

  随時お寄せください。
      会員お一人お一人の善意を有効に活用することでランを育て、人をも育てることの喜びを見い
       出せるでしょう。代表へのご送付・お持ち寄せ等は前もってお申し出下さると助かります。

  学生・若い新人等の好む属種は・・・
       温室や広い栽培場所を持っていないので、どちらかと言えば小型種が多く育てられています。
     また、少しの工夫でクール種を室内栽培する人もいます。
バルボフィラム・遮光不要のデン
     ドロ・意外にもパフィオ等も人気・カトレア・レリア
はやはり小型中型・珍しいユニーク
     な種も好まれる・プレウロサリスは観葉植物のよ
に育てられて強健。
    株分けや植え替えが大変な方は代表にお任せ下さい。

新企画活動  学生等を育成する運動

  この活動は会員皆さんからの会費・協力金・寄付により行われる活動です。

 従来より集いでは学生や若い新人に対して皆さんのご協力の基に未来を担う学生・若い新人等
   に微力ながら尽力して来ましたが新しく年度毎に定員を設け、会費無料・寄付株
の無料配布・
   夕食会費の割引等を公表し公募して、日本の洋ラン界に役立つ活動を行う。

●年会費は無料・会報の無料送付・協力金寄付金は任意

●株市・例会・出店先・送り等で希望者に寄付株を無料で贈呈

年一回は洋ラン栽培のレポートを提出すること

   対象は学生とするが貧困であっても熱意ある方とする。

   (代表は33歳のとき借金して温室を作りました。現在に至るまで熱意のみで栽培しています。
     貧困という言葉は失礼と受け取らず、生物への献身的な愛情に他なりません。)

◎会費等の改定・・・2016年度より

会員の種類

年会費

例会参加費

出店協力金

寄付株・寄付金

 正会員

 年5000

1500

一口5000円より

ご厚意にて

有志会員(会報不要)

  不要

 1500

一口5000円より

ご厚意にて

 会報のみ会員

 年5000

 1500

 ご任意にて

ご厚意にて

 奨学会員(学生等)

  無料

  無料

 任意にて

任意にて


  ◎会費等のお支払いは

  総会・例会・出店先または銀行振込・現金書留でお願いします。

 <振込先>七十七銀行 蔵王支店801 普通 №5023041
    (シチジュウシチギンコウ)(ザオウシテン)
             美食と温泉宿らぶりぃ    藩 世英   ℡0224-34-3110
        (ビショクトオンセンヤドラブリィ バンセイエイ)

 
  洋ラン関係のお薦めリンク先
   洋ランの世界・・・らぶりぃ洋ランの集いのもう一つのページ
     花と遊ぶ・・・東京在住で東洋ランから洋ランまで幅広いジャンルの
        蘭をとても上手に栽培し、近年は工夫を凝らしたクーラー室の中で
        小さなクールオーキッドも驚くほど見事に咲かせています。また、
        掲載されている写真はとてもきれいです。

   The Genus Sophronitis 達家 清明さんのホームページ ・・・大阪の高名な
      ソフロニティス栽培の研究家でもあり育種家。さらには栽培困難種で
    ある礼文アツモリや世界中の地生ランをも独自の創意工夫で開花さ
   せてしまうラン界における重鎮的存在です。(
偲んで)

   http://www.restrepia.jp/・・・金澤さんのクールオーキッド栽培記録

   翠香’s Orchid World ・・・埼玉の鈴木さんのブログ

    「トレハの虫かご」・・・御殿場の鈴木さんの昆虫ホームページ