洋ランの集い2007、8、9

 ■第二十回 314(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 世界らん展東京ドーム出店の反省・まとめ」
  仙台・茨城(水戸)・岩沼・大河原の方々が集いました。飛び入りで見学の方も参加しました。
  ●写真展示はとても好評だったので次回も続行する。大きさをもう少し大きく(A4)サイズにする。
    それぞれ咲く時期が違うので、自分の株がきれいに咲いたときに写真を撮って用意しておくとよい。
  ●新年度の予定について・・・詳細は下記へ
      4月18日(日)総会 株市と株の交換会 5月例会5月30日(日)に変更、 株市と株の交換会
  ●大株作りについて
  ●植え替えについてのまとめ(植え替え時期、植え替え方法など)
  ●持ち寄り株・質問・相談・・・デンドロ、セロジネ、カトレア、リカステ、プレウロ、胡蝶ラン、ビクトリアレギネの
                    フラスコ出しした苗の生長

 

 ■第十九回 117(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 会員による植え替えの方法研究、他」
  仙台・山形・岩手・茨城(水戸)・岩沼・大河原の方々が集いました。
    
  ●2010年度の集いの日程について(4月総会、5月お楽しみ会、第三日曜日か第二日曜日)
  ●クスバートソニーについて重要な水やりと肥料の与え方
  ●クスバートソニーの植え込み材料と植え替えについて
  ●ソフロニチスの植え替えについて
  ●会員の方からの質問、疑問を皆で考えて話し合いました。

  次回2月は世界らん展日本大賞2010東京ドームへの出店のためお休みです。
    第二十回 314
(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 まとめ」の予定です。


  

 ■第十八回 1220(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 ソフロニチスについて、コンポストについて」
   仙台・山形・岩手・茨城(水戸)・岩沼・大河原の方々が集いました。

  ●ソフロニチス属の研究者である達家 清明さんの論文を参考にして話し合いました。
  ●寒さに強いソフロニチスを会員、それぞれの環境で研究して育ててみることにしました。
  ●会員の方々に持参していただいた株についての質問
  ●ミックスコンポストの長所と短所について

 次回は第十九回 117(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 会員による植え替えの方法研究 」の予定です。
    世界らん展日本大賞2010東京ドームへの出品について(らぶりぃ洋ランの集い会員写真展示コーナー)

 

第十七回 1115(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 株の生長とコンポスト、肥料について」
   仙台・山形・岩手・茨城(水戸)の方々が集いました。

  ●会員の方々に持参していただいた株についての質問(各種デンドロやマスデの管理と水やり等)
  ●コンポストの研究について
  ●肥料について(海藻・光合成促進剤など)
  ●鉢の洗い方について(漂白剤、殺菌剤の使い方)
  ●殺虫剤などの合成化学薬品を使わない方法(お酢・米酢・木酢・竹酢など)
  ●梅雨、冬季、室内栽培、特殊な地域で日照不足の場合、太陽光を補うためにLEDを使う方法

  次回は第十八回 1220(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 冬の管理について」の予定です。
    世界らん展日本大賞2010東京ドームへの出品について(らぶりぃ洋ランの集い会員コーナー)

 

第十六回 1018(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 植え込み材料コンポストの研究」
   大河原・多賀城・仙台・山形・茨城の方々が集いました。
   
  ●植え込み材料・コンポストについて話し合いました。水苔だけでなくいろいろなものがあるということ。
バーク・ヤシの皮・発酵バーク・ゼオライト・軽石・炭・鉢もいろいろ替えてみる(素焼、プラ鉢)
    株や環境によって替えること、自分なりにいろいろ試してみることも大切だということがわかりました。
    ミックスコンポストをブレンドして自分で作ってみるのも良いと思いました。
  ●北海道の会員の方からクスバートソニーの新しいミックスコンポストの研究成果をもとに話し合いました。
  ●マスデバリアの水苔植えは水を全体に行き渡らせるのが難しいのでミックスコンポストに替えてみるのも
    良いかもしれません。

  次回は第十七回 1115(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 株の生長について」の予定です。
    世界らん展日本大賞2010東京ドームへの出品について(らぶりぃ洋ランの集い会員コーナー

 

 ■第十五回 913(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 クスバートの植え替え・ウイルス株の対処法」
   大河原・多賀城・仙台・山形・群馬の方々が集いました。
   
  ●新芽は出ているけれどあまり元気がないクスバートソニーを使って植え替えの仕方とコツを詳しく勉強しました。
  ●連鎖がとぎれているものは大株にしないで植え替えをして分ける、必ず古い根や酸化してくさった水苔を丁寧に
    全て取り除く、細心の注意をはらって新根と新芽を傷めないようにするなどの注意点もわかりました。
  ●ウイルス株の見分ける方法や対処方法についても勉強しました。隔離すること!
  ●悩みの種である、アブラ虫・カイガラ虫の駆除や対策について話し合いました。

  次回は第十六回 1018(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 コンポストについて」の予定です。
    世界らん展日本大賞2010東京ドームへの出品について(らぶりぃ洋ランの集い会員コーナー)

 

  ■第十四回12(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 植え替え・コンポスト・夏の管理」
    岩沼・仙台・山形・茨城(水戸)・岩手の方々が集いました。
  ●それぞれ株や環境によって違う植え替えの仕方について話し合いました。
    デンドロのビクトリアレギネ、クスバートソニー、カトレア、レリア、リカステ、マスデバリアなど
  ●会員の方(千葉県)のコンポストの違いによる植え方の研究の発表(クスバートソニーの写真)
  ●難しいテリポゴンの育て方
  ●夏越しについて・・・クーラーの使い方や遮光
  ●将来は交配に挑戦してみましょう!交配の仕方とコツ

 次回は第十五回 913(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 秋の管理」の予定です。
      8月はお休みです。夏越しに気をつけましょう。電話またはFAXで質問事項をお寄せ下さい。

 

 ■第十三回21(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 植え替え・コンポスト・梅雨の管理」
   岩沼・大河原・仙台・山形・茨城(水戸)の方々が集いました。
   
  ●必ず植え替えの時期に植え替えする株と植え替えしなくてよい株があることを話し合いました。
  ●コンポスト(植え込み材料)について勉強しました。
    種類・長所短所・鉢との組合せ・植え方などいろいろな意見が出ました。皆様それぞれの育て方や環境に
    よって違う方法、工夫、努力、研究をしていて大変勉強になり参考になりました。
  ●梅雨の時期の管理や病害虫駆除についても学習しました。

  次回は第十四回 712(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 夏の管理・クール種の管理」の予定です。
      8月がお休みですので是非、皆様ご参加下さい。電話またはFAXで参加、質問事項をお寄せ下さい。

 

■第十二回517(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「高芽について・小さな苗の植え方」 オークションも開催しました。
     岩沼・仙台・山形・茨城(水戸)・函館の方々が集いました。
    
  ●高芽が出たら世代交代、更新、親株が弱って子供を作ったと思って大切に育てましょう。
  ●小さな苗、特にフラスコ出しした苗はコンポストや鉢や植え方に細心の注意をはらってやさしく丁寧に管理しましょう。
  ●持ち寄り株の交換や余剰株のオークションを開催しました。
    カトレア、プレウロ、マスデバリア、セッコク、デンドロなどいろいろあり皆様、楽しく苦しく?置き場を考え
    ながら株を選んでたくさん購入して会に寄付していただきました。ご協力ありがとうございました。

   次回は第十三回621(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「 植え替え・コンポスト・梅雨の管理」

 

 2009年度洋ランの集い  
   新年度スタート 総会 
第十一回 4月19日(日)1時~3時 らぶりぃにて
   
仙台・岩沼・山形・群馬・東京・千葉から7名の会員の方々が集いました。
   
  ●2010年世界らん展東京ドームで洋ランの集いの会員の方々の展示コーナーを作る話しや世界らん展に対しての
    意見、提案なども話し合いました。
  ●水の大切さについて水の種類や成分もいろいろある ランにとって良い水とは・・・について話し合いました。
  ●紫外線カットをする。
    近年、オゾン層が破壊されてから動植物に紫外線の被害が多く出ています。人間も紫外線で肌のアレルギーを
    起こしたり農家では野菜、果物、お米などにも紫外線による害が出ています。その為、紫外線を防ぐ様々な対策
    を考えて実行しています。ランも紫外線による害があり紫外線カットは重要になっています。
  ●持ち寄り株の交換や余剰株のオークションを開催しました。
    カトレア、セロジネ、マスデバリアなどいろいろあり皆様、楽しく苦しく?置き場を考えながら株を選んでたくさん購
    入していました。

  次回は2009年5月17日(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「春の手入れ」の予定です。オークションも開催!

 

 

 ■ 第十回 洋ランの集い 3月15日(日)1時~3時 らぶりぃにて開催しました。
    テーマは「一年間のまとめ」「新年度について」でした。
  2009世界らん展も無事終わり2010世界らん展東京ドームではささやかな「洋ランの集いコーナー」を作り
  会員の皆様の作品(株や写真など)を展示できるようにしたいと思っていますのでご協力をお願いします。

  
マウンテンマジックの苗の比較    右は親株からの分け株       左は高芽を育てたもの
   分け株よりも高芽のほうが元気で太く若返り、早く更新されるので高芽を大切に育てると良い。
   
  キンギアナムも高芽から半年でもう花が咲き、新芽も根も元気に出てきました。
  このことからデンドロビュームは高芽を出して若返りし更新するものがあるということがわかりました。
  
フラスコ出し苗の途中経過  SUGOI-NE植えと水苔植えの比較  水苔の山盛り上げ植えは2号鉢で

 順調に根が出てきています。  SUGOI-NE植えは1.5号鉢に変えてから根が伸び始めました。

 次回は2009年4月19日(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「2009年度洋ランの集いについて」の予定です。
  4月と5月の例会では持ち寄り株の交換やオークションを開催しますので余剰株や自分の環境に合わない株など
  を持っていらして下さい。会員同士で交換または売買をしたいと思います。

 ■第九回 洋ランの集い 1月18日(日)1時~3時 らぶりぃにて開催しました。
    テーマは「冬の管理」「現代のランの一生」「マスデバリアの植え替え」「フラスコ出し研究」でした。
    2名の新入会員を交えていろいろな話し合いをしました。

  「冬の管理」について
  ●最高最低温度計で必ず自分のランの置き場所を把握しておくこと!がとても重要です。
  ●バルブのある種とない種との違い
  ●寒くても水を求める属はキンギアナム・マスデバリア・シンビジュームなど
  ●防寒対策
  ●リカステの強さ、デンドロビューム、セッコクは温室がなくても育てられる
  ●バルブがあっても水を求める小型種

  「現代のランの一生」
   ランは小さな子供の頃はフラスコの寒天培地の中で育ちフラスコ出しで出産して皆で寄り添って
   元気に生長しますが、青年になったら一人立ちして独立して生きていきます。ランを生産する所
   でも一鉢一鉢、単独で栽培されているのです。寄せ植えのままではラン栽培専門家でもラン園で
   も元気に育てられません。

  「マスデバリアの植え替えのおさらい」
     

     

   

  「フラスコ出しの研究」
   SUGOI-NE スゴイネスーパードリームで植えるときは柔らかいポリポットが良い。
   水やりと温度管理が非常に難しい。日照も当てすぎず直射を避けて当てる。紫外線に弱いので
   紫外線をカットすることが大切である。UVカットしてあるプラスチック制の障子紙をかぶせると良い
   ということがわかった。
   
 次回は2月は世界らん展 東京ドーム出店のためお休みです。
    2009年3月15日(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「一年のまとめ」の予定です。

 ★東京ドームでは会員の皆様にお手伝いとおいしいお菓子やお食事の差し入れをいただきまして
   どうもありがとうございました。とても助かりました。

 

 

■第八回 洋ランの集い 12月14日(日)1時~3時 らぶりぃにて開催しました。
       テーマは「フラスコ苗について」でした。
    先日、出来上がってきたクスバートソニーとクールデンドロのフラスコ出しの勉強を
     しました。全て整型美花とメダル受賞花のオリジナル交配で苗も大きく育ってい
     たので単鉢、CPなどいろいろな植え方を研究してみました。
   
●クスバートソニーのセレクトアウトクロス4種類
  ●ラウエッシービカラー
  ●マウンテンマジック
Xクスバートソニー
  ●ビクトリアレギネ
メダル同士の交配
    この4種類でしたが一番大きくなっていたビクトリアレギネを皆で手がけてみました。
      
    コンポストや鉢もいろいろにして1ヶ月ほど様子をみることにしました。
    ①水苔で素焼鉢 ②水苔と木の皮で素焼鉢 ③水苔で透明プラ鉢 ④ふやかした
     スゴイネで透明プラ鉢 ⑤ふやかしたスゴイネで素焼鉢
    大きめの苗は1本で単鉢にして小さめの苗は2~3本一緒にCP植えにしました。
    スゴイネは最上オーキッドで販売しているスーパードリームを使用しました。
  
  


フラスコ出しした苗は赤ちゃんと同じです。細心の注意が必要です。寒天培地の無菌状態から
 いきなり外気に出されて環境に慣れろ!と言われても赤ん坊ですから自分ではなかなかできま
 せん。ちゃんとこまめに管理してあげましょう。初めは弱い日差しで温かい場所に置き、一日に
 何回か霧吹きしてあげましょう。まだ根が水を吸う力がないため葉から吸収させると良いと思い
 ます。スゴイネで植えたものは一週間は毎日たっぷり水やりします。これはスゴイネが乾くと固ま
 るので固まらないようにするためです。ただし、日中の暖かいときに水やりして下さい。フラスコ
 出しした苗は大切に育ててあげればきっと大きく生長して良い花を咲かせてくれるでしょう。
 大事に育てればちゃんと期待に答えてくれるはずです。人間の子供よりも可愛いかもしれません。
スゴイネは問題あり(半年後にわかりました。)

マスデバリアの連鎖の切断は植え替えの時期
   

  葉が落ちて間延びしてしまった株は茎の連鎖がなくなり水苔が酸化して根腐れしています。
  最悪な状態で新根が伸びていません。大株にしないで株分けしたほうが更新して元気になります。
  上の写真はユニフローラの大株を三つに分けたものです。新しい水苔で植えてあげるとどんどん
  新根が喜んで伸びてくれるでしょう。

  次回は2009年1月18日(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「冬の管理について」の予定です

 

 ■第七回 洋ランの集い 11月16日(日)1時~3時 らぶりぃにて開催しました。
    テーマは「マスデバリアについて」ニューオーキッドの本(NO.152)を参考に勉強しました。
     群馬県からいらした新入会員の方と共に岩手県、山形県、仙台市、岩沼市、それぞれ自分の環境や
     育て方、性格にあったランをみつけることなども話し合いました。
    「マスデバリアは雲霧林に自生しているので水が好き」と言って、ひとまとめにしないで姿形や生育環境
     (どこでフラスコ出ししたか等)や交配種によっても栽培方法が違うということがわかりました。このこと
     はマスデバリアに限らず、カトレアやデンドロビュームなど全てのランに共通することだと思います。
  マスデバリアの植え替え方法
    鉢のまわりに根がとどいていないようなら根腐れや水苔の酸化が考えられるので鉢から出してみる。
      
    根を傷つけないように酸化した水苔をピンセットなどで全て取り除き残りかすは水で洗いながす。
    水苔と木の皮を混ぜたコンポストで丸い団子状のものを作り根元を広げて中心部に入れる。
     
    木綿糸と針でこの団子状のものとマスデの株を固定する。まわりに軽く水苔を巻いて
     新しい小さめの鉢に入れる。マスデの根は細いので支柱を立てると傷つきやすく
    株も小さいので痛めてしまうので糸と針を使う方法が良いと思う。また、山のように
     盛りあがりぎみにすると乾きやすく根も伸びやすい。マスデは濡れる乾くのメリハリ
    が大切なので夜に水をあげて日中は乾かすようにすると良い。また、寒さには強いが
     温度が低いと乾きが悪く根腐れしやすいので寒くて太陽が少ないときは葉に霧吹き
    程度が良い。    

 

  ■第六回 洋ランの集い 10月19日(日)1時~3時 らぶりぃにて開催。
    テーマは「病害虫対策と冬の管理」でした。参加者は7名でベテランの方(茨城県つくばからいらした方)
     を交えていろいろなことが勉強できました。

  病害虫対策・・・外に出していたものを中に取り込むときに葉裏をシャワーで洗い流すと葉ダニは落ちる。
           カイガラムシやダニにはスプラサイト・カルホスなどを交互に使うと効果がある。
           できるだけ薬品は使わないように手で取るほうが良い。歯ブラシは葉を傷つけるので
            綿棒やガーゼやティッシュなどの柔らかいもので優しくなでるように取ると良い。

  ウイルス対策・・・ウイルスは治らないが捨てるのはかわいそうなのでウイルスが出た株は隔離すると良い。
             水やりや器具によって感染する場合がある。

 冬の管理・・・暖房や温度のことばかりでなく、日照や水やりも気をつけること。午前中に陽をたくさん当てる。
         休眠させて水をやらないものと水やりするものと霧吹き程度のもと置き場を考えて分けて置く。

 持ち寄り株について質問・疑問点
  ●新芽と新根が上へ上へと伸びてしまう。どうしたらよいでしょうか?
     ①株分けしてバックバルブと新しいバルブにする。そのとき新根に触れたり傷めたりすると生長が
       とまってしまうので新根を傷つけないように注意する。できれば生長前に株分けすると良い。
     ②株分けしないでそのまま生長させる。その場合は新根を傷つけないように少し水苔でふんわりと
       つつんでそっと鉢の中へ沈めるか水苔を盛り上げる。
  ●鉢に沿って丸く円を描くように伸びてくれると良いのですが新芽と新根が前へ前へと伸びてしまう。
       どうしたらよいでしょうか?
     ①長方形の素焼鉢があるとよいのですがどこにもないのでヘゴにつけるか木片につけて少し水苔
       で覆う。そのとき新根に触れたり傷めたりすると生長がとまってしまうので新根を傷つけないよう
       に注意する。
     ②一回り大きな素焼鉢に現在の鉢ごと入れて新根を傷めないように隙間に水苔を入れる。
  
  ★株分けや鉢増しを嫌う株もあるのでよく観察していてなるべく新芽か新根が出たらすぐ判断すると良い。

  ●全ての植物に言えることは生長開始と同時に根を伸ばしてあげることが大切です。

  ●コンポスト(植え込み材料)はどのようなものが良いか?
     水苔・バーク・木の皮・ヤシの繊維(ベラボン)・ミックスバーク・生竹の繊維・バークペレット(最上
     オーキッドガーデンで販売)・ランの土(ホームセンターで販売)・バイオバーク(木の繊維を発酵さ
     せてできている新商品、根岸洋ラン園で販売)などいろいろな種類、質、用途があります。コンポ
     ストは何を使ってもよいが自分の環境や植え方や水やり方法によって選んで使うとよい。単体で
     なく混ぜて使うことも考えられます。いろいろ試してみて自分の育て方とランの株に合った材料を
     使うことが大切です。

  ●クスバートソニーの変化
   
   真ん中の葉は日当たりの良いところに置いていたときに色が濃く、形も丸くて小さい、葉の表面がザラザラ
   して凹凸がありました。環境が変わってあまり日が当たらないところに置くと新しい葉が出たとき色も薄くて
   形も細長く大きくなり表面が平らになってしまいました。育つ環境によってこんなにも違いが出るということ
   がよくわかります。植物は歩けないのでその場所の環境に合うように適応能力が優れていて自分の姿形を
   変えて生きていくことができるのです。いろいろな植物のなかには適応能力のないものもありますが、特に
   ランは環境適応能力に優れていると思います。

 次回は11月16日(日) 1時~3時 らぶりぃにて テーマは「マスデバリアについて」の予定です。

 

 

 ■第五回洋ランの集い 9月21日(日)に開催。テーマは「秋の管理、植え替えのタイミング」でした。
   参加者は4名でしたが持ち寄り株のことや質問、疑問点などじっくり話し合うことができて
    とても勉強になりました。
       
 長年植え替えをしていなかったプレウロは鉢から出してみたら新根がしっかりとまわっているし、
 水苔も酸化していないので崩さずに軽く薄く新しい水苔をまいて一回り大きい鉢に入れることにしました。
 このように植え替えは鉢から出して根やコンポストの様子を見てから判断しましょう。

    
 この株も長年植え替えをしていないマスデバリア。鉢が見えないくらいに苔が生えて全体を覆っています。
 鉢から出してみると、水苔が酸化して芯が腐っているのできれいに取り除いて株分けすることにしました。
 新しい根は酸化した水苔を嫌って根を伸ばすのをやめてしまいます。新芽も出ずに葉も更新されず、良い
 状態ではありませんので株分けして腐った水苔は根を傷めないようにピンセットなどできれいに取ります。
 取りきれないときはバケツに水を入れてやさしく洗いましょう。尚、このバケツの水にバイオゴールドバイ
 タルなどを入れると根つきが良くなると思います。

      
 会員の方の持ち寄り株で植え替えの相談です。皆で考えて株分けしないでこのままでということでしたが
 根がゆらゆら動くと新芽や根の伸びがよくないのでバスケットにいれて回りに少しベラボンボールを入れ
 固定すると良いと言う意見に賛成しました。

 

 ■第四回 洋ランの集い 7月13日(日)予定を変更して「カトレアの一年の管理」をテーマに
       開催しました。参加者は4名と少人数でしたが、個々に質問が出て細かくじっくりと
       勉強することが出来ました。

 支柱を立てる時期はシースが上がりはじめたら向きを考えて!

 支柱の立て方は根を傷めないように工夫する。

 新根が鉢の縁まできて新芽が伸びてきたら成長開始なので水と肥料をたっぷりあげる。
 スタートを見極めることが重要!

植え替えについて小さめの鉢のほうが根が鉢の縁に伸びやすい。古い根を中に新根を広げて水苔を中に

 新根を傷めないように周りにも水苔を巻き鉢に入れる。大きさ・量・硬さを考えながら巻く。

 一度で収まるように水苔を後から足さない。基部が見えるように!

  2008年7月らぶりぃの温室の中

 


 ■第三回 洋ランの集い 6月15日(日)「肥料について」をテーマに開催しました。
     参加者は7名 新しい方の入会もありました。
     植え替えや株分けは毎回、勉強することにしました。
 
  
   
   
  
   次回7月13日例会のテーマは「夏の管理と水やり」の予定です。

 

■第二回 洋ランの集い 5月18日(日)「遮光と通風」をテーマに開催しました。
       参加者の皆様
 

次回6月15日例会のテーマは「肥料と水やり」の予定です。

 

■第一回 洋らんの集い 4月20日(日) 「春の管理と植え替え」をテーマに開催しました。
     参加者の方々と記念写真
  

 ■第一回洋ランの集いを終えて■
 地域も会をも越えて自由に楽しくランの好きな人が集い、語らい、学ぶ場として洋ランの集いの初回が
  開催されました。北海道・東北・関東地方の方々、有名な会の方も初心者の方も一人の洋ラン好き
  としてご参加下さいました。遠方の方が多い集いですので、初回とはいえ予想以上に多くの方のご
参加をいただき御礼申し上げます。今回のテーマは「春の管理と植え替え」をメインに勉強し合いました。
  初心者からの質問にはわかりやすいだけでなく、ベテランの方にも何か学べることを織り込み、ベテラ
  ンの質問には初心者にも理解できるように心がけてみました。
 ランを育てるには「これが絶対だ」と言える栽培法はないと思います。それぞれの栽培環境や育てる人の
  性格や設備により基本を学び、それを応用工夫する楽しみが大切でしょう。
 ランのプロ・プロ顔負けのベテラン趣味家であっても、すべてのランを育て咲かせることはできません。
  さて、この集いの最も大切な会報を充実させるべく、ただ今編集に取り掛かっている最中です。
 皆様からの情報・ご意見をどしどしお送りくださるようお願いします。
  第一回目の会報は6月初旬を予定しています。

  5月例会のテーマ 「遮光と通風」を予定しています。

 

◆お詫びとご報告◆  2011年4月21日

  先日お送りした手紙では、私自身混乱した状況の中で気持ちを乱してしまい、真意をお伝えすることができません
  でした。それでも私の心情を感じ取って、良い意味で理解して下さりご支援いただいた方々には心より感謝申し上
  げます。しかしながら、戸惑いや不快感を与えてしまった方には深く反省し謝罪いたします。
  言い訳はしませんが、皆様からのご支援、ご意見、ご叱責を基にしての現在と今後の決意、行動をお知らせします。
  どうか私のつたなくも真剣なランへの想いに免じて至らなかったことをお許し下さい。このような状況下でも
  「らぶりぃ洋ランの集い」「宿らぶりぃ」だけでなく少しでも被災地に生きる人間として行動せずにいられなかった
  ことも申し添えます。申し遅れましたが、日本中が大小の差こそあれ被災地でもあり、不安の渦中にあります。
   お身体を大切にお過ごしください。                    藩 世英

  ●現在、被災者支援プラン12食付4800円という破格の料金で提供して多くの被災者を支援しています。営業上これ
  は赤字ですが、皆様からの支援金あってこそ実現できました。長期間一人でも多くの方に喜んでもらえるように皆
  様の支援金を充当させていただいています。
 ●お送りいただいた支援物資・食品・生活用品も被災された方に直接お配りしています。
 ●宿の修理や経営上の経費については全て銀行等からの借り入れで営業しています。皆様からの支援金は宿には一切
  使っていません。
 ●今後も混迷は長期化すると思います。まずは今の私に出来る限りを行動して、残金については洋ランの集いのため
  に全額使わせていただきます。
 ●被災された会員・会友へのお見舞い金については私の一存にお任せ下さい。
 ●らぶりぃ洋ランの集いは独特の運営でなされていますので、通常の趣味の会とは異なる点があることをご理解願い
  ます。
 ●現時点では私共のような宿泊施設を二次避難所に指定した上で生活面等も支援されれば良いのですが、残念ながら
  行政側では解決策は未定ですので独自に支援行動をするしかありません。
 ●領収書を必要とする方はお申し出くださればお送りします。

  洋ランの集い会員・会友の方へ
 ・
4月の例会は久しぶりの再会に心を和ませました。
 ・
6月会報より宮城県の蔵田様に毎回の例会について客観的な視点での総論をお願いしています。
 ・
5月の総会・親睦会へは多くの会員・会友の方のご参加をお待ちしています。なるべく4月中に参加の有無をお知
  らせください。
 ・会員名簿を作ります。ご事情で氏名、住所、電話番号を控えたい方は
5月総会の前にお申し出下さい。

 ◆御礼とご協力のお願い◆
   多くの方々からご支援が届いています。被災者の方や避難所生活の方、ご自宅でも生活
   に支障をきたしている方が今なお大勢いますので、宿らぶりぃでは皆様からのご支援や
   ご支援いただいた品々を直接お渡ししています。支援宿泊への充当、お送りいただいた
   タオル・毛布等の生活用品、カップ麺・トマト・缶詰め等の食品の直接配布することで
   も皆様からの善意を活用させていただいています。私共の活動をご理解の上、引き続き
   ご支援をお願いします。
   ・お礼状をお届けできない方々には是非、ご連絡先をお教え下さるようお願いします。
     取り急ぎこの場を借りて御礼申し上げます。 2011年4月14日

  宿らぶりぃ・らぶりぃ洋ランの集いへのご支援・ご援助のお願い
東京ドームでの素晴らしい祭展を心に刻む間も無く、突然悪夢の如く東日本を襲った大地震と大津波。
不幸にも被災された方、直接被災されなかった方も多大な心痛と苦悩にさいなまれた
と思います。
さて、私の経営する宿は建物の一部が損壊し、外部の設備も凍結破損しました。応急修理をして営業
は再開しましたが、観光としての予約は夏までほとんどキャンセルです。
私は洋ランをこよなく愛し、洋ランの集いを通して小さく可憐なランの栽培向上に情熱を注ぎ続けて
きました。
今回の大地震で宿の経営は絶望的です。もちろん銀行からの借り入れもしましたし、友人知人にも援
助をしてもらい、被災地へのお見舞いをする方や工事、調査関係者の方の宿泊も行って
います。
しかしながらこれ以上限界を越えて続けられないことは明白です。本当に心苦しく、
男として恥ずべ
きお願いですが、皆様にご援助、ご協力を懇願するしかないことをお許し下さい。
宿らぶりぃ無くしてらぶりぃ洋ランの集いはありません。また、私にとってランは生きる力と命その
ものです。なんとしても、なり振り構わず「らぶりぃ洋ランの集い」を存続させ、必ず
「宿らぶりぃ」
を再興させます。どうかランの笑顔のために皆様のお力添えをお願いします。
●ご寄附・義援金・お貸付等どのような形でもお受けします。
●ご宿泊していただけるのが何よりです。ご友人知人に被災された方がいる方には当宿の被災者
難宿・工事関係者の宿泊・被災お見舞に行く時にご利用下さるようにご紹介もお願いします。
●今回の大地震で会員の方の中にも家族や親族を亡くされた方、家や車に被害を受けた方もありま
した。らぶりぃ洋ランの集いとしてお見舞いをいたしたく思います。
●後日、随時、詳細をご報告させてもらいます。
●時節柄、ご協力下さる方のみならずご意見ご叱責は直接、私宛てにご連絡いただきたく存じます。

                          201147日  藩 世英

*個人的な要請になりますが、領収書・金銭消費貸借書等は用意いたします。
*振込先 新生銀行仙台支店普通預金店番630 口座番号0305170 藩世英バンセイエイ

989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原168-82
美食と温泉宿らぶりぃ   らぶりぃ洋ランの集い 
0224-34-3110 fax 0224-34-3749 E-mailinfo@p-lovely.com
ホームページhttp://www.p-lovely.com/

ニュース速報!
東北関東大震災において多くの皆様にご心配をおかけしました。当宿は山形県境の山間部でしたの
で津波の被害を受けず、建物も温室も人も無事でした。停電で電話、携帯、公衆電話など一切通信
が出来ず、やっとこうして皆様に無事のご報告ができました。何度もお電話いただいた方々に心より御
礼申し上げます。一週間の停電中、極寒の地で温室を維持するのには苦心しましたが何とかランも耐
えてくれました。観光地の宿にとってこれからが試練の長い時になります。美食と温泉宿らぶりぃ、ら
ぶりぃ洋ランの集いのためにも頑張るしかないと思っています。本当に皆様からのお気持ちに感謝する
と共にらぶりぃの無事をお知らせいたします。 追伸 広い地域の沿岸部の方々は想像を絶する被害
にみまわれ多くの方が亡くなりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。全国的にガソリンや食品・
物資が不足していますが、らぶりぃはすぐにでも営業を再開する予定です。山形の須藤さんが二度も
遠路を来ていただいた上に発電機まで持参して下さり感謝の言葉がありません。
らぶりぃ洋ランの集いは4月例会・5月総会、いづれも開催する予定です。尚、3月の会報は一部の方
には発送されていませんがメール便が回復しだいお送り致します。

 

 

   洋蘭のページ 栽培教室  洋ラン栽培  世界らん展

   世界らん展日本大賞 公式Webサイト  全日本蘭協会

    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上の原168-82
       ℡0224-34-3110
              美食と温泉の宿 らぶりぃ

          TOPページへ